「十牛図」とは
観想十牛図




「十牛図」とは、逃げ出した牛を探し求める牧人を喩えとして、牛、すなわち真実の自己を究明する禅の修行によって高まりゆく心境を十段階で示したものです。中国・宋時代の廓庵禅師の創案と言われ、日本においては、古くから現代に至るまで、禅を学ぶ絶好の入門図として重要視されてきました。しかしこの図は禅宗だけが専有すべきものではありません。人生のさまざまな重要な問題を提起し、それに答えてくれる人生の指南図でもあるからです。尋牛から入廛垂手までの十の図を前にして、「いったいなにか」「いかに生きるか」という二大問題の解決を目指して静かに観想してみてください。かならずや、なんらかの声がかえってきます。

《各図の説明》

第一図 尋牛(じんぎゅう)
ある日、牧人の飼っている一頭の牛が牛小屋から逃げ出たことに気づいた牧人は、野を歩き川を渡り山を越えてその牛を探し求めています。ただ一人で・・・。彼は「自己究明」の牛探しの旅に出かけたのです。
第二図 見跡(けんせき)
 「もう牛は見つからない」とあきらめていた牧人が、ふと前方に目を落とすと、そこに牛の足跡らしきものを発見しました。「ああ、牛は向こうにいるぞ」と牧人は喜んでその足跡をたどって駆け寄っていきます。
第三図 見牛(けんぎゅう)
牧人はとうとう探し求めている牛を発見しました。牛は前方の岩の向こうに尻尾を出して隠れています。牛が驚いて逃げ出さないように、牧人は足を忍ばせて牛に近づいていきます。
第四図 得牛(とくぎゅう)
牛に近づいた牧人は持ってきた綱でついに牛を捕らえました。牧人は、再び逃げ出そうとする牛と渾身の力をふり絞って格闘を始めました。
第五図 牧牛(ぼくぎゅう)
牧人は暴れる牛を綱と鞭とで徐々に手なづけていきます。牛はとうとう牧人の根気に負けておとなしくなりました。牛はもう二度と暴れることも逃げ出すこともありません。
第六図 騎牛帰家(きぎゅうきけ)
牧人はおとなしくなった牛に乗って家路についています。牛の堂々とした暖かい背中を感じつつ、楽しげに横笛を吹きながら・・・。
第七図 忘牛存人(ぼうぎゅうそんにん)
とうとう牧人は自分の庵に帰り着きました。牛を牛小屋に入れてほっとした牧人は、庵の前でのんびりとうたた寝をしています。静寂の中、安堵の気持ちで・・・。彼は「生死解決」をほとんど成し遂げたのです。
第八図 人牛倶忘(にんぎゅうくぼう)
うたたねをしていた牧人が突然にいなくなりました。あるのはただ空白だけ。牧人になにが起こったのでしょうか。
第九図 返本還源(へんぽんげんげん)
空の世界からふたたび自然が戻りました。牧人の中に根本的な変革が起こったのです。牧人は自然のようにすべてを平等視して生きることができるようになりました。
第十図 入廛垂手(にってんすいしゅ)
牧人は再び人間の世界に立ち帰りました。人びとが行き交う町の中に入った彼は一人の迷える童に手を差し伸べています。牧人はとうとう「他者救済」という彼が目指す最高の境地に至ったのです。



唯識塾(横山紘一) > 十牛図